×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 秀明自然農法とは ―  

秀明自然農法は岡田茂吉氏(1882〜1955)が提唱した自然栽培法で、自然堆肥以外、些かの不純物も混ぜることなく、
土を清浄化し土自体の力を強化させる農法です。
岡田氏の言葉に、『自然がすべてを教えている』とあり、深い自然への尊敬と、自然に順応する農法であって、清浄な土と、
自家採種された清浄な種と、 生産者の作物への愛情と大地への感謝によって成り立ちます。
秀明自然農法のネットワークを紹介します、是非立ち止まって覘いて見てください。
秀明自然農法のネットワーク 今年国連syumeiNGO法人が発足し秀明自然農法活動方針にもとにて活動を自然農法グループが活動日誌です。
現在科学肥料、除草剤を使って 野菜、お米など作っているが野菜、お米の大半は見た目が良いが栄養は昔に比べて比較的に悪くなっている! 
今日の消費者が見みて安全食べ物が.,欲しいですね! 最近は、有機の農法が出てきてますが、 まだまだ安全な食べ物でない?
このHPは野菜の肥料は、 草を刈り取り枯れて腐った堆肥 等々を使った野菜を作りを世界に拡げ安全は食べ物を栽培してる。
水田は、刈った藁だけ使って栽培している無農薬のお米栽培! 安全な食べの野を作りたいと、世界の科学者と提携して栽培記録の報告の交流してます。





 ー 自然農法の歴史 ー (天理農園)

昭和62年 奈良にて、自然農法開始初めは水田2反・畑1反でスタート。
農機具は、全く無い状態から〜〜近くの農家から貰ったり中古を、買ったりしてスタートしました。
平成2年 新ノ口地区2反その後4.5反桜井07反なった。移動距離も多くなり、機械化が必要!
平成5年 広陵地区が合流約4反ますます機械化しないと!
平成8年 天理地区3反増加この土地農機具小屋出来るよう、地主探し行う? その後1反・4.5反増加する。
平成12年 天理地区に農機具小屋完成、新ノ口にも農機具入れ出来る!
平成13年 天理農園グループで開始。1.5反新規です〜〜。これからも、益々増えるの〜〜?
平成16年 平成16年8月に国連syumeiNGOとして登録!国際活動を開始!
平成17年 3グループが合流し、皆で活動を開始。
2005年2町3反に拡大グループで応援体制確立
畑3反追加ジャガイモ作り乗り出す。